障害年金とは

あまり自分には関係ないことの様に思われる障害年金ですが、人生は何が起こるかわかりません。何の保証もないのです。 障害年金というのは、公的年金の一種で、障害を負ったことで日常生活が困難になった際に支払われます。年金というと、私たちが最も関わりがあるのは厚生年金や国民年金ですが、成人してから60歳になるまで、日本国民は全員国民年金に加入することが義務づけられています。きちんと年金を支払ってきたならば、有事の際に障害年金を受給する資格があるのです。

詳しいことは日本年金機構のホームページで確認できますが、年金を支払っていれば誰でも受給資格が得られます。癌や内臓機能障害などの疾病、あるいは怪我などで働くことができなくなった場合に申請することで受給することができます。では、どのくらい支給されるのでしょうか。それは厚生年金加入者なのか、国民年金なのか、共済年金なのかでも異なります。また、配偶者や子供がいるかどうかも大きくかかわってきますので、受給できる金額は個人差があるのです。当然障害のレベルによっても異なります。

重度の障害と認められた場合は障害年金受給の資格が得られますが、申請をしなければ実際に受給はできません。害厚生年金または障害共済年金と併せて障害基礎年金も受けられます。障害年金を受け取るためには、年金の請求手続きが必要です。受給の必要がない状態がベストではありますが、いざと言う時の為の基礎情報として障害年金の受給申請に必要な諸条件についてご紹介いたします。

Copyright © 2014 障害年金の申請に必要な診断書について All Rights Reserved.